Accessバージョンアップ対応

このようなケースのときに
Accessのバージョンアップ対応依頼を多くいただきます

  • 事例1

    システムを改善したいが、開発元の業者が廃業しており、依頼先が見つからない

    現在のAccessシステムが、業務に合っておらず改善したいが、開発業者が廃業してしまった。設計書などドキュメントもなく、修正してくれる業者と繋がりがない。

    現行システムの分析から改善まで一貫して対応。保守サポートで継続的に支援

    弊社で不満や課題のヒアリングを実施、低コストでAccessシステムの機能修正と追加を行いました。また、その後の保守サポートまで弊社にて担当し、安心してご利用いただいたおります。

  • 事例2

    システムを刷新せず、今後もAccessのシステムを使い続けたい

    業務において、受注発注工程をAccess2003(ADP形式)で管理していたが、サポート期間が終了してしまった。現在の機能や操作に不満はないため、多額の費用をIT投資したくない。

    Accessのアップグレードで対応

    多額の費用をIT投資したくないというご要望にお応えし、システムの刷新ではなく既存の機能はそのまま使えるよう、Access2016へのアップグレードを行いました。

  • 事例3

    業務データを複数システムで管理しており、多重入力が発生している

    Excel製の各種台帳で販売情報を、既存のシステムで顧客情報を管理していたため、それぞれのシステムに顧客情報を入力する必要があり、多重入力が発生している。

    Accessで業務データの一元管理を実現、業務コストを削減

    Accessシステムで業務データの一元管理を実現しました。多重入力が解消されたことにより、事務作業に掛かる時間を大幅に削減することができました。

Accessバージョンアップ対応は
お任せください

対応可能内容

  • システムの機能追加/修正
  • システムの処理速度の向上
  • 古いバージョンのAccessから最新バージョンへのアップグレード
  • データの自動バックアップ
  • その他Accessに関するご相談
Accessバージョンアップ対応

まずはお気軽にご相談ください。

  • お⾒積依頼
  • お使いのAccessのお悩みご相談